ホームページ著作権侵害対処ナビ

著作権侵害者を調べる 
 著作権や肖像権を侵害したサイト(以下、不正なサイト)内に、掲載者(管理人)の名前や連絡先がないかを確認します。
 多くは、サイト内に「問い合わせ窓口」の設置や、「プロフィール」欄、「掲示板」等から連絡が行えるようになっています。
 しかし、悪質な場合には連絡先などの掲載がないため、自身で調べる必要があります。

<調べる方法>
・ドメインチェックツールを使用
 ヤフー検索等で「ドメインチェック」等で検索すると幾つかドメイン情報をチェック出来るサイトが出てきます。
 これらを利用して、ドメインの登録情報を確認します。

<表示される内容>
 検索結果は、英語表示で主に以下の内容です。

Domain ID ~   ドメインの概要

Registrant ~   ドメイン登録組織情報(使用者又は、サーバー管理会社)

Admin(Administrative) ~ドメイン登録担当者(ドメイン取得会社)

Tech(Technical) ~ドメイン技術担当者(ドメイン取得会社)

※Registrant ~ より、表示される情報が実際の使用者か、管理会社の表記になるかは、管理会社に代行表示サービス等のあるためどちらか調べてみないと解りません。
 しかし、実際の使用者と思われる情報であっても虚偽記載が可能で、個人の特定までは難しいです。


<表示情報から連絡先を見つける>
・独自ドメインの場合
 方法① 標準のメールアドレスを使用する
 通常、独自ドメインには自動で開設された標準のメールアドレスが存在します。ドメインの手前に「info」がついたものです。
 だめもとで、一度削除依頼を試しに送ってみます。
例:http://www.*****.co.jp/ の場合
 アドレス:info@*****.co.jp 等。

 方法② ドメイン取得会社に連絡する
 「ドメイン登録担当者(ドメイン取得会社)」に、使用者からの不正被害にあっている旨、サイト内容の削除依頼の連絡を行います。

・共有のレンタルサーバー等の場合
 運営しているサーバー管理会社に連絡します。
 「ドメイン登録組織情報」に表示されている会社に連絡します。
 レンタルサーバを運営している会社ですので、ネットで検索すると簡単に会社のホームページを発見できます。
 会社の問い合わせ窓口などに連絡を行います。
権利侵害者に削除依頼を行う 権利侵害者に削除依頼を行う

サイトメニュー

ページのトップへ戻る