ホームページ著作権侵害対処ナビ

内容証明郵便による警告 
 メールによる削除依頼が無視された場合、内容証明郵便を使用して警告を行います。

内容証明郵便とは?
 郵便事業株式会社による一般書留郵便物の文書の内容についてを証明してくれるサービスです。

 このサービスにより、何時、誰が、誰に、どんな文書が差し出されたのか証明することができます。
 また、配達証明を利用することで、その受け取りを確認することができます。

<内容証明郵便による警告の目的>
 内容証明郵便は、そのサービスから後に揉めた(訴訟)に発展した場合の客観的な証拠になります。

 また、内容証明郵便はその受け取った事実を否定できない為、相手に対しての強力な意思表示となります。
 ただし、即効果があるかどうかは、相手次第です。

<内容証明郵便の費用>
 約1,500円くらいです。

<内容証明郵便の出し方>
>  内容証明郵便は、全ての郵便局で扱っているわけではありません。ある程度規模の大きい郵便局のみが取扱いを行っています。
 また、内容証明郵便には、文字数、行数、使用できる記号に制限があります。

 主な記載時の注意
 同様の文書:3部(本人、相手、郵便局保管用)必要
 横書きの場合:1行20次以内で、1ページ26行以内
 使用できる記号:一般的な記号全般
 認め印:ページが複数にわたる場合割り印
      記入者に欄に認め印               等等

<内容証明郵便の記載例>

著作権侵害対処用内容証明郵便記載例:侵害者用

著作権侵害対処用内容証明郵便記載例:プロバイダ用

警告書の作成イメージ写真
検索エンジンへの削除依頼 検索エンジンへの削除依頼

サイトメニュー

ページのトップへ戻る