ホームページ著作権侵害対処ナビ
著作権侵害対処方法の流れ 将来への著作権対策
 著作権侵害行為を今後受けないために、将来に向けての著作権対策を実施しておき、被害にあわないように自己防衛を行います。
著作物への意思表示
 無断使用されないように、以下のような文章をホームページ・ブログに記載しておきます。

「当サイトの掲載された画像、掲載内容は作成者それぞれにあります。
 転載・複製等、一切の2次使用、流用を禁じます。」  等 

 「Copyright (c) 公表年 名前 All rights reserved.」

写真・画像に権利者を表記
 ホームページに使用する写真等に、予めサイト名やアドレスを画像の中に記載しておきます。
 通常、サイト名や作成者名を記載します。

 しかし、ホームページ丸ごと転用される場合には対抗できないため、ホームページの種類によってはアドレスまで記載するのも方法の1つです。
 ホームページ作成ソフトでは、写真の挿入の際に標準で透かしを入れるなどの機能が備わっています。説明書を確認しましょう。

製作記録の保持
 自身が正当な権利者である証明として、製作過程のホームページを定期的にバックアップしておきます。

 万が一の際には、製作過程の存在が権利者の証明になります。

存在事項証明書
 ネットを検索していると、著作権対策として「ホームページの存在証明書」の作成を案内しているサイトがあります。
 証明書によりホームページ・ブログが何時の時点で存在したかについてを証明することができる。

 メリット
 非常に大きな著作権侵害。サイトの丸ごとの盗作の被害にて、司法手続きを行う時は、公の証拠として利用できる。

 デメリット
 費用が発生する
 日々更新、新しい内容を掲載する場合、新しいい部分の内容について証明することが出来ない。

<著作権登録>
 予め、文化庁に著作権登録を実施しておくことにより、自身が正当な権利者であることを証明できます。
 しかし、労力・費用ともにかかることから、個人のホームページでは現実的な手段ではありません。

著作権とは?肖像権とは?
著作権侵害の証拠を保存
著作権侵害者を調べる
権利侵害者に削除依頼を行う
内容証明郵便による警告
検索エンジンへの排除依頼
弁護士への相談
警察への被害届け
法律上の救済措置
著作権侵害対処記録
アフィリエイト広告停止依頼
Web上の
正当な権利者である証明の困難性
将来への著作権対策
著作権に関する便利なリンク
当サイト利用について
相互リンク

Copyright (c) 2009 kenri.chu.jp All rights reserved.