ホームページ著作権侵害対処ナビ
著作権侵害対処方法の流れ 著作権とは?

 特許権、商標権にならぶ知的財産権の1つであり、著作者に対して付与される財産権の1つ。

 著作物の創作時から著作者の死後50年間存続する。

 文章、音楽、美術、演劇等が対象。作成したホームページについても、その記載内容が著作権に発生します。

肖像権とは?

 プライバシー権の1つ。自身の写真や肖像が、勝手に使用されないための権利。
 ホームページの掲載した自身の写真が、承諾なしに意図しない使用の仕方をされると人格権の侵害として、権利の主張することが出来る。

著作権と肖像権の例外
 著作権については、
 「」付け等によるよる引用にいて、その使用に例外がある。

 肖像権については、
 報道写真等における公共利用が目的の場合。
 他の法令に認められる場合には、本人への承諾のない撮影が認められている。

侵害行為に対して
 当然に、自身の権利侵害対しての主張並びに、損害賠償請求や差し止め請求を行うことができる。
 しかし、インターネット上では転写・転用が容易であり、犯人の特定しくいため、非常に多い犯罪行為です。
 侵害行為に対する対処は、多量の労力と時間がかかります。また、対処の方法では多額の費用も発生します。

 侵害行為に対して熱くならず、最初から時間がかかるつもりでじわじわ対処を行いましょう。

 また、実力行使の実施には、自身の保護措置と、絶対に負けない(許さない)といった覚悟の基で実施します。

 一度、紛争になった場合には費用も投入しており、回収するまで後には引けません。

 覚悟を持って行いましょう。

 正義が誰にあるのか。自身の行動に誇りをもちましょう。


 既に、著作権侵害の被害に合われている方は、
  → 著作権侵害対処方法の流れ


 今後の著作権侵害の対策については、
  →  将来への著作権対策
著作権とは?肖像権とは?
著作権侵害の証拠を保存
著作権侵害者を調べる
権利侵害者に削除依頼を行う
内容証明郵便による警告
検索エンジンへの排除依頼
弁護士への相談
警察への被害届け
法律上の救済措置
著作権侵害対処記録
アフィリエイト広告停止依頼
Web上の
正当な権利者である証明の困難性
将来への著作権対策
著作権に関する便利なリンク
当サイト利用について
相互リンク

Copyright (c) 2009 kenri.chu.jp All rights reserved.