ホームページ著作権侵害対処ナビ
著作権侵害対処方法の流れ アフィリエイト広告停止依頼
<広告停止の目的と効果>
 著作権侵害しているサイト運営の目的の大部分は、広告収入(アフィリエイト収入)による所得を得ることを目的としています。
 不正なサイトの広告配信停止依頼を行うことにより、不正侵害する意味をなくし芽をつぐみます。
<広告の配信停止の方法>
@ 連絡先企業
 不正サイトに掲載されている広告自体は、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼ばれる広告代理店に依頼しているだけで著作権侵害とは全く関係のない企業です。
 この為、連絡はASP(広告代理店みたいな企業)や、日本アフィリエイト・サービス協会に対して申し出を行います。

A ASPの確認方法
・広告表記内容にて確認
 アドセンス広告と呼ばれる自動配信型の広告では、広告枠の隅に配信しているASPの名前が表記してあるものもあります。
 当サイトの広告もアドセンス広告であるため、「Ads by Google」の表記があり、これがASPとなります。

・表記のない広告の確認方法
 広く利用されている広告は、ASPの表記がなされていません。
 このため、URLのアドレスでどこのASPかを確認します。
 ASPのアドレスは、ページ下の表

B 連絡方法
 各ASPの窓口(問い合わせ窓口)にて、不正なサイトの違法行為の概要を説明し、広告配信停止措置の依頼を行います。
 なお、各ASPは著作権侵害を含む違法なサイト運営との広告配信提携について利用規約により拒絶している為、利用規約違反ととらえることができます。
 ASPによっては、問い合わせ窓口が会員にならないと表示されない(見つけにくい)ASPもあります。


C ASP会員登録
 広告の配信停止は、ASPが不正なサイトを不正であると認定しなければ対応が行われません。
 自身がサイトを運営し、正当な権利者である客観的な証拠の1つとして、先にASPに登録しておく方が、不正被害にあった場合に対応がスムーズに行く場合があります。詳しくは「Web上の正当な権利者である証明の困難性」へ。
 主要なASPについては、登録料・会費・ノルマなど一切ないため、あまり興味がなくても将来への対策のためにも、登録しておくことをおすすめします。
 登録しなくても不正被害による広告停止の申し立ては出来ます。
日本の主要なASP
主なASP
広告代理店
広告URL
表  記
未登録者の
対応等の窓口
A8.net http://
px8.net/
***********
不正行為等の情報提供
バリューコマーシュ http://
ck.jp.ad.valuecommerce.com/
***********
違反報告
アクセストレード http://
www.accesstrade.net/at/
***********
お問い合わせ
リンクシェア http://
click.linksynergy.com/fs-bin/
***********
?不明?
トラフィックゲート http://
ad2.trafficgate.net/t/r
***********
お問い合わせ
ジャネット http://
click.j-a-net.jp/
***********
?不明?
 ****の部分は、サイト(利用者・広告)毎に異なる部分です。


そ の 他
日本アフィリエイト・サービス協会 お問い合わせ
 不正行為を行った、アフィリエイト・パートナーの情報管理等をしています。
著作権とは?肖像権とは?
著作権侵害の証拠を保存
著作権侵害者を調べる
権利侵害者に削除依頼を行う
内容証明郵便による警告
検索エンジンへの排除依頼
弁護士への相談
警察への被害届け
法律上の救済措置
著作権侵害対処記録
アフィリエイト広告停止依頼
Web上の
正当な権利者である証明の困難性
将来への著作権対策
著作権に関する便利なリンク
当サイト利用について
相互リンク



Copyright (c) 2009 kenri.chu.jp All rights reserved.